不動のこころ

眠っているときだけ不動のサム。肉球もダルメシアン柄よ

 

 

🐾       🐾       🐾

 

 

今日は久しぶりに晴れ。たまっていた洗濯物を片付けて、11時からの祈りあわせにあわせて神棚の前に座る。いつものように祝詞と般若心経(越谷の自宅では仏壇もあるので祝詞と般若心経は分けるけれど、島は神様をおまつりしているだけなので、神様の前で般若心経もあげさせていただく)、ハワイアンのチャントを納めさせていただき、古典フラを2曲舞わせていただく。祈りあわせの11分はとうに過ぎていたけれど、多い分には構わないだろう。

 

 

昨日の新月は雨で外出できなかったので、今日は奉納コースを回ろうかと思ったのだが、少し疲れていたのでやめた。以前にヘルプしていた居酒屋さんからまたお声をかけていただき、この2週間、平日は毎日深夜まで働いていたのでさすがに疲れがたまっている。

 

 

以前なら無理を押してもお参りしていたかもしれないけれど、そういうのはもうやめた。体力がみなぎっているときに、改めて、じっくりと神様にご挨拶してくるつもり。

 

 

このところの私のテーマは「無理をしない」だ。沖縄に移住する前後から始まっているけれど、とにかく人や自分の期待に応えようと頑張らない。徹底的に、〜すべき、〜しなければ、というのを外していっている。もちろん、お仕事の締め切りや人との約束は守るけれど、基本はそのときの自分の感情、魂、身体に聞いて、それらが望むことをしていくのみ。

 

 

これを徹底していくと、まあ本当に幸せな毎日を過ごすことができる。こう言うと、わがままいっぱいな子どもに聞こえるかもしれないが、徹底的に自分のご機嫌を取って満たされていると、確かに子どものようではあるけれど、人や状況に振り回されない不動のこころを手に入れることができる。そして、人の状況に思いを馳せる余裕ができるので、それなりの対応ができる。心配りはするけれど、媚びや嘘、誤魔化しを使ったり、色眼鏡で人を見ない。どんな人にも素直な心で対応する。

 

 

居酒屋のお姉さんには「あゆみちゃんて、この店で、一番子どもみたいだけど、一番おとな」と妙な言われ方をしている。褒め言葉として有り難く頂戴することにする。

 

 

無理をしないとストレスが全く無いので、本当に楽。生きていれば、今回の新型コロナのような、驚くべきことが起きることも多々あるけれど、無理をせず、むやみに心配をせず、ニュートラルに事態を受けとめられるといい。フラでもそうだけど、どれだけ余計な力を抜き、リラックスした状態で踊ることができるかが、美しい動きを作り出すコツになる。そのようなリラックスした状態が、直感、自分の中の神とつながることができる鍵だからだ。

 

 

世紀末のようなご時世になってしまったけれど、不動のこころを手に入れるには絶好のチャンスかもしれない。どれだけ宇宙を、自分の中の神性を信頼できるかどうか。

 

 

人それぞれだから、何を選択しようと完全に自由だ。人がどうすべきかなんて私にはわからない。でも、The more, the merrier.と言うじゃない。仲間が多ければもっと楽しくなる。できることなら、たくさんの仲間たちと希望に満ちた新しい時代を作っていけたらもっと楽しいだろうな。みんなと幸せになりたいし、そのために私ができることは何でもしていくつもり。その未来を思うと待ちきれない。

 

 

トンネルを抜けたら、きっと光でいっぱいの世界が待っているよ✨

 

 

素敵に穏やかな一日を✨

 

 

Aloha💝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です