祈りの日

 

 

陸ギタラをまじかに見る。すごい迫力。今日の参拝はこの近くのアハラ御嶽からスタート。

 

⛰       ⛰       ⛰

 

 

3月11日。あれから9年。私は当時まだハワイにいたけれど、あのときの衝撃は一生忘れないだろう。

 

 

今日は、島の神々さまにご挨拶をし、祈り、舞を奉納させていただこうと前から決めていた。お天気にも恵まれ、絶好の奉納日和。

 

 

プライベート奉納なので、普段着で。お供物は、塩、お米、島魚のフライ、素麺ちゃんぷるー、津波で流された子どもたちのためにチョコレート。そしてお茶。日本酒がなかったのは痛いが、まさかワインのボトルを持参するわけにもいくまい。

 

 

14:46、天照大神様のアハラ御嶽からスタートし、龍神様を参らせていただき、ぐすくに移って山の神様、泉の神様とご挨拶。

 

 

悪天候が続いたのもあり、久しぶりに神々さまの元へ参らせていただいた。龍神様の洞窟の入口にかかっていた蜘蛛の巣を払い、山の神様の祠を綺麗にする。泉の神様の草刈りは、次回、鎌を持参してするつもり。

 

 

山の神様のところでは、祝詞とチャントを納めさせていただいたら、テントウムシを見せていただき、感激。私が大好きなのをご存知の神様がご褒美をくださった。ありがとうございます。

 

 

相手が喜ぶことをしてあげたい。これが最もシンプルな愛情だと思う。

 

 

今日は311の慰霊と新型コロナについての祈願をさせていただいたが、祈り&奉納の一番の目的は、神様に日頃の感謝の気持ちをお伝えし、舞で楽しんでいただくこと。これは、いつどこで奉納するときも変わらない。まずは神様にお喜びいただきたい。

 

 

そうして楽しんでくださった神様が、祈りを叶えてくださる。そして、エキストラのご褒美として私の好きなものを見せてくださったりするわけだ。私はただ神様に舞わせていただくこと、それだけですでに大きな喜びなので、ご褒美は全く期待していない。

 

 

でも、恩寵をいただくと、やはりそれは本当にうれしい。神様が喜んでくださった、そのお気持ちを私に伝えたいと思ってくださるのがわかるからだ。ご褒美をいただくと、また精進して、より洗練した舞を見ていただきたいと思う。

 

 

こうして神様とのあいだに愛がめぐっていく。絆がますます強くなっていく。

 

 

今回いただいたご褒美は、テントウムシと素晴らしい景色の数々以外には、天然のアーサ(あおさ)。すべての参拝&奉納が終わっての帰りに寄った浜の岩場にたくさんのアーサを見つけ、うきうきしながら収穫する。供物を入れていたジップロックがあったのもラッキー。

 

 

 

 

 

天然の美しいアーサ。これで今回収穫したものの五分の一くらい。今日は天ぷらにしてみた。コツは衣にビールを入れること。外はカリッと、中はふわっふわにあがって美味しいよ。

 

 

結局、今日も最後は食べものネタか。でも、命を繋ぐためにも食べものはとても重要。それにアーサやもずくは身体にとてもいい。伊是名島の海藻類、おすすめ。

 

 

🏝       🏝       🏝

 

 

3.11で亡くなられた方々が、苦しみや迷いから解き放たれ、幸せに満ちた状態でありますように。

 

 

新型コロナが一日も早く終息しますように。

 

 

静けさに満ちた夜と清々しい朝を✨

 

 

Aloha💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です