自給自足と愛の島

 

 

先日の獅子座の満月

 

 

🌕       🌕       🌕

 

 

この季節の島は本当に雨が多く、朝から一日晴れる日はほとんどないと言ってもいいほど。その天気ゆえか、はたまた満月の影響か、何日間か眠くて眠くて仕方なかった。神様との朝活もできないので、これは充電期間かもと割り切り、ゆっくり休むことに。

 

 

雨が降って土がやわらかくなっているのを好機に、塀沿いの草取りを進めた。埼玉の自宅でも時間ができれば草取り。こうなったら、目指せターシャ チューダーだ。

 

 

昔は草取りなんて、何の面白味も感じなかったけれど、今やこれがけっこう楽しくてはまっている。雑草にも命があり、精一杯、大地に根を張っているのを引き抜くのは気の毒な気もするが、これまでこの地に生えて働いてくれてありがとうねとつぶやきながら、あまり痛みを感じないで済むように、引き抜いていく。

 

 

山に入って森を観察するときもそうだが、小さな庭の細部にも神様の完璧な意図が見てとれて、それがあまりにも美しく、手を出すのが憚られるけれど、野菜をつくりたいので、申し訳ないが雑草にはどいていただく。

 

 

沖縄の家は、前、横、裏手にもスペースがあるので、いろいろと野菜を育てようと思う。井戸があるので、ポンプを付ける必要があるが水はいくらでもある。そして、夕陽を見に行く度に地元の人が釣りをしにきていて、きけば、他の村落からわざわざ釣りに来ているらしい。よき漁場なのだろう。タコやイカが獲れるという。私も釣りを始めようかな。

 

 

そうなれば、かなり自給自足の生活に近くなる。まさか沖縄に移住して自給自足の暮らしを始めることになるとは思いもしなかった。人生とは本当に不思議。そしてその不思議なめぐりを存分に楽しませていただいている。私を導き、また関わってくださるみなさまに感謝✨

 

 

🌈       🌈       🌈

 

 

土曜日は伊是名マラソン大会だった。ひごろよりお世話になっている旅館、なかがわ館さんにお誘いいただき、旅館前のエイドで私も島の一員としてお手伝いさせていただく。島外のランナーはもちろん、島の老若男女もたくさん参加した。

 

 

みんな一生懸命走っていて、見ていたら、中学時代のランナー魂(こう見えて元駅伝選手)に火がつきそうになった。しかし、フラを踊っている以上、ランニングで故障したら困るので走らないことにしている。同じ理由から、ハワイにいるときは、挑戦したかったサーフィンを諦めた。

 

 

島をあげての大会なので、村民はランナーかヘルプかにまわる。私はお水とスポーツドリンクを提供する係。ランナーのみなさんは、走っていてきついだろうに、カップを受け取ると、誰もがありがとうございますと言ってくださり、それは子どももみな同じで、すごいなと感心した。応援している方もパワーをいただいた気分。愛がめぐっている。

 

 

全員無事に完走という素晴らしい結果のあとは、島で一番大きな体育館で打ち上げパーティが開かれた。上位入賞者が表彰され、地元の尚円太鼓のパフォーマンスや石垣島出身の人気バンドの演奏などで盛り上がった。

 

 

地元産のもずくをはじめ、沖縄そばや牛汁、ジュースやビールまで食べ放題、飲み放題で、ランナー、スタッフみなさんを労う素晴らしい宴だった。

 

 

会場に着いてすぐ、村長さんにばったりお会いしたら、「島にずっといればいいのに」とおっしゃっていただき、その短いたった一言がとてもうれしかった。

 

 

パーティでは、なかがわ館さんのお嬢さんご家族とご一緒させていただき、いろいろとお気遣いいただく。さすが旅館のお嬢さんだけあって、さりげない気遣いが本当に素晴らしいのだ。弟さんも三線と歌がうまい働き者の好青年。

 

 

女将さんは私が挨拶にうかがうたびに、フルーツや野菜、おむすびなどもたせてくださり、本当に愛あふれるお方。マスターは私をいろいろなところにお連れくださり、島の方々にご紹介くださりお優しい。ご家族みなさん愛にあふれていらして輝いている。

 

 

パーティ後は場所をそのなかがわさんの旅館に移し、二次会。なかがわ館さんのご長男さんやそのお子さんたち(なんとお孫さんは13人!)、ご長男の会社のご先輩と大人数の大宴会。もちろん、マスターも交えての二次会はまたまた盛り上がる。

 

 

「お二人には本当にお世話になり、私にとって、島のお兄さん、お姉さんと思っています」とマスターに伝えたら、「私は自分の娘のように思っているよ」とおっしゃっていただき、これまた感激。本当にありがたいな。

 

 

私が島に住むきっかけとなったおじさまや、ずっとあなたに住んでほしいとおっしゃってくださる大家さんご夫妻、島に住むことを最初に喜んでくれたゆりちゃん、ユタのひとみさん、村落の区長さん、村落のみなさま、小麦植えを手伝わせてくださったかみやまさん、居酒屋まる富さん、あ、フラの人!と、声をかけてくださる大勢の方々。もうたくさんの島の人々に助けていただき、優しさを、愛をいっぱいいただいている。

 

 

私が島の方々にできることは何だろう。このところのテーマでもある、魂からの自分を表現し、喜びを伝え、感じていただくということだろう。そして私が選択できる、ダイレクトかつ即効性がある手段はやはりフラだと思う。今回も居酒屋さんで踊らせていただく機会があったのだが、本当にみなさん心から喜んでくださる。

 

 

あのように喜んでいただけると私も本当にうれしい。私に舞と歌を授けてくださったハワイの師匠や神々様に、感謝してもしきれない。私は本当に恵まれている。このことをいつも心に生きていこう。Mahalo a nui

 

 

輝く夜と澄み切った朝を✨

 

 

Aloha💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です