思考と言葉に気をつける♪

 

 

 

 

 

 

 

あら、いい香り♪と思って探したら、梅の花が咲きはじめていました@ 東京。はやっ。

 

 

💠        💠       💠

 

 

沖縄から帰ってきたら、寒い関東、レッスン以外は外出を控えて冬眠をきめこもうと思っていたけれど、そうは問屋がおろさなかった。

 

 

用事やフラ以外のお仕事やプライベートのお誘いやらで、結局、家にちっともいない、、^^

 

 

あまり寒くないということもあり、毎日のように都会に出ては人と会っている。まあ、島の暮らしと対照的でバランスが取れているのかもね。楽しいからよしとする。

 

 

先日、和食が一番好きと言っていたら、直後に築地でめちゃめちゃ美味しいお寿司をご馳走になり、ご満悦。美味しかった〜(でも、島のお寿司も負けてません!^^)。

 

 

やはり、好きなものは好きと公言しておくことが大切かも。放たれた言葉は宇宙にキャッチされ、形になって帰ってくる(この速度がハイパー速くなっているこのごろ)。

 

 

それを言うなら言葉の前に思考から、なわけで、考えていることは形になる。面白いくらいだ。私は幸せ、と思えば本当にそうなる。ただし、その気持ちに少しでも疑いをはさんだら、それも現実化されるので気をつける。

 

 

私は妄想の達人なので、ものごとの情景、そのときの気持ちや感覚など、ありありと想像することができる。それが、いいことばかりならいいのだが、、。ときどき失敗も。

 

 

冬至奉納で熊野を訪れたときに、ゴッドシスターの恵子さんとサシでじっくり飲んだ。恵子さんとは20年来のお付き合いをさせていただいており、私を熊野に導いてくださった方。

 

 

裏千家の先生でいらっしゃることもありお顔が広く、20年ほど前はじめて熊野を訪れたとき、花の窟、熊野本宮や那智大社などに連れて行っていただいた。本宮の、今は亡き名誉宮司様や那智の前宮司様にご紹介いただき、ハワイに移住する前は毎年、2回くらいは熊野に通い、恵子さんに連れられて各神社様をお参りさせていただいたのが懐かしい。

 

 

当時はまさか、いずれ私がフラの世界にこれほどまでに入り、お参りさせていただいた熊野の神社様で奉納をさせていただくことになるとはお互い思いもしていなかったので、感慨深いですね、と、二人でしみじみ。

 

 

とっておきの金のさかずきとお酒を出してくださり、向かいあってさかずきを交わすとなったとき、恵子さんが冗談で、兄弟のさかずきということで、指を切りますかとおっしゃった。

 

 

え、と返しながら私は自分の指を切り、血を流す情景を思い浮かべてしまった。指先の痛みとともに。それはあまりにも反射的で、避けようがなかった。時すでに遅し、、。

 

 

果たして3日後。自宅のキッチンで、ノリノリのBGMに合わせて大根をスライサーで切っていた私は、自分の親指の先まで見事にスライスしてしまったのだ。その瞬間、恵子さんとの酒席での会話が蘇ったのは言うまでもない。あー、痛かった。

 

 

ふとした瞬間の思考にも気をつける。それが今年の課題かな。

 

 

楽しい一日を✨

 

 

Aloha💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です