龍神様からのメッセージ

圓應寺さまの御本堂。二つの白龍さま

 

 

🐉                             🐉

 

 

先日のJODO AIDの会場になった福岡の圓應寺さま。朝、会場入りし、御本堂を訪れてびっくり。10月に初めてお邪魔したときにはすでにあったのか、それなのに気づかなかったのか、正面に二体の白龍が描かれた絵が置かれていた。

 

 

1週間前の自宅上の空に現れた、つがいの龍神様とそっくりで、驚いたのなんの。やはりこの絵の白龍さまたちもキスしているみたいに見える。驚いたのと同時にすっかりうれしくなった。

 

 

舞を奉納させていただく間、つがいの龍さまに見守られているような気がしてとてもうれしく心強かった。

 

 

龍は私にとって、トーテムの一つ。伊是名島に初めて訪れた日、島に着いてすぐ、空に大きな龍神様が現れ、10月に引っ越したときに龍神様のお社を見つけてからは、ほぼ毎日お参りさせていただいた。やっぱり私には龍様がついていてくださるとうれしく思った。

 

 

10月から11月の沖縄は、龍神様と、島の神々様との絆を育むことができた大切な時間だった。毎日、龍神様と神々さまに話しかけ、そのたびに、いろいろな形でメッセージをいただいた。

 

 

島の大自然のなかでひとりになると、否が応でも感覚が研ぎ澄まされていく。頭で考えること、五感をフルに使って感じること。両方のバランスが大切だけれど、最終的な判断は直感が答えを出す。

 

 

さらに、自分の感覚の範疇を超えた疑問が湧くと、龍神様や神様にたずねた。私にわかるお印でお伝えくださいと。そのたびに、天から降り注ぐ虹色の光や、色とりどりの蝶々、大きなヤドカリ、風もないのに落ちる金色の葉という自然のものを使って答えてくださった。

 

 

今回島をあとにするとき、私はあることを龍神様と神々様に尋ねてきた。これからの人生を大きく左右することになる質問。

 

 

その答えが12月1日に空に現れた龍神様のつがいだった。あまりにも驚いて、あまりにも意外だったので、でもあまりにも自然で納得した。でもまだ確信がなくて福岡に行ったら、またつがいの龍様があらわれて。

 

 

ほら、お前の望んだ、わかりやすい印を見せているではないか、と龍神様からの声が聞こえてきそう。

 

 

はい、確かにわかりました。

 

 

あまりにも大きなエネルギーで圧倒されそうになったけれど、それは自分の愛のエネルギーでもある。無駄な抵抗をしたり、逃げようとせず、自分の感覚を信じ、龍神様からのメッセージを信じ、つがいの龍神様のように素直に力強く愛を表現しよう。

 

 

勇気がいることかもしれないけれど、いったん風をとらえて一緒に舞い上がることができれば、それぞれが光り輝くつがいの龍神様のように、ともにある至福のなか、ものすごい愛の光を放って舞い飛ぶことができる。そうして二人で一緒にこの世界を愛していくのだ。

 

 

Sweet dreams & 素敵な朝を✨

 

 

Aloha💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です