なつかしの写真、あれから6年

6年前の2012年11月11日、二つめのウーニキ(卒業)コース、フラパフ(太鼓を使ったフラ)の卒業式でした。

オアフ島、ワイメア渓谷で行われた卒業パフォーマンス。自然の中でのパフォーマンスは素晴らしく気持ちがよかった。

でも、ここはものすごい波動の場所なので、下見に行った日の晩はすごい夢を見たし、卒業当日は、踊りのあいだにクラスメイトのひとりががっつり憑かれてしまい、パフォーマンスのあと、親御さんに背中から抜いてもらっていた(汗)。

先輩卒業生の一人(うしろ姿は女性だけど、実はクイーン。。ハワイ、とくにフラの世界はマツコさんみたいな方が多いのよ〜)がカウアイ島からわざわざ飛んできてくれて、しかも、オーラパという植物(オーラパはダンサーの意味なのでぴったりなのだ)のレイを、私たちひとりひとりのために作ってきてくれて、パフォーマンス後にみずからレイをかけてくれた。これにはみんな感動した。

ハワイアンにまじってたった一人の外国人で、いろんなことがあったけれど、本当に素晴らしい経験をさせていただいた。グループのみんな(いくつかのグループにわかれ、一緒に試験を受けていく。すべてパスして卒業できる。連帯責任だからみんな一生懸命)と毎週フラシスターの家に集まっての練習は楽しかったし、いろいろと思い出深い。

フラとは直接関係ないように見えるおためしが次から次へとふりかかって、それでもお前はフラを続けるのかと迫られたけれど、そのときは無我夢中で一つ一つクリアしていった。途中であきらめないで本当によかった。どんなに辛いことがあっても、本気でフラをやめようとは思わなかった。それだけフラの魔力にとりつかれていたというわけだ。あのときのことを思い出したら、これからもなんでもできる気がする。

フラパフは宗教色が強く、ハワイでも学べる機会は少ないフラ。そのフラを教えていただいただけでも十分幸運なのに、無事に卒業させていただいたことは本当に幸せなこと。クムやクラスのみんなに感謝しかない。Mahalo a nui!

これからも、あの幸運と感謝の気持ちをいつも胸に進んでいきたい✨

 

 

今日も穏やかな夜をお過ごしくださいませ♪

おやすみなさい⭐️

 

Aloha💖

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です