ヨーロッパ旅行紀 1

【ヨーロッパ、奉納 & 祈りの旅—マリア様とホピに導かれて】

台風が上陸する直前の飛行機に乗り(元々は29日発のチケットだったので危なかった。。)、ポーランドに来ています。いつかは来てみたいと思っていた国の一つだけれど、イタリアやフランスほど心動かされるわけでもなかったのに流れで来ることになり。。不思議。

そもそもの始まりは、パートナーの宮田雪さんの作られた「ホピの予言」を各地で上映されている辰巳玲子さん。

忘れもしない、4月の葉山でのスウェットロッジに参加した直後、玲子さんからご連絡がありました。夏にヨーロッパでホピの予言の上映会を開くことになったのだけど、現地の方とのメール連絡を手伝ってもらえないかなと。

もちろん喜んで!と答えながら、部分的に同行したいなーとつい言っていた私。

たまたまANAのマイレージもヨーロッパまで行けるほどたまっている。毎夏ごと出演していたフラのイベントも今年からなくなったと言うし、いろいろなことが重なって。

玲子さんはドイツから入り、ポーランドを経由して、南フランスで開催される反核キャンプでも上映会をし(広島、長崎に落とされた原爆の材料となったウランとホピ。繋がっているのだ)、その後はスペインの黒マリアの聖地モンサラット、イギリスへ抜けると言う。

黒マリア様?

2年ほど前にマリア様が夢に出てきて御神託をいただいてからというもの、マリア様の大ファンに。最初は手相見のおばさんかと思ったけど(マリア様、ごめんなさい! 最初の映像が、私の手を取っていらした手のクローズアップだったから!) あんなに光りを放ち、女性とも男性ともつかない、なんとも言えない美しい人を見たのは後にも先にも初めて。光りを放つというより、光そのものでした。

聖母マリア様なのか、はたまたキリストのパートナーと言われる黒マリア様だったのかわからない。いずれにせよ、いずれのマリア様も、その夢以来、めちゃ気になる存在に。

玲子さんの口から黒マリア様の聖地ときいたとき、これは行かなきゃならないかな。。と感じてしまった。

そうしたら、黒マリア様の聖地でともに母なる大地への祈りを捧げてほしい、あゆみさんには古典フラの奉納を!と玲子さん。えー!? 喜んで!と返事をしたら、さらには南仏の反核キャンプでも奉納してというお話になったよとお伝えいただきびっくり!

日ごろ奉納させていただくときは、やはり平和祈願がメインだけど、まさか自分が反核キャンプに参加して、フラを舞わせていただくことになるとは全くの想定外。人生、思いがけないことが起きるものだ。

ところが飛行機の予約が難航。反核キャンプに合わせ、8月あたまのフランス行きのフライトを狙っていたけれど、夏休みだからかまったく取れない。。これは無理かーと諦めかけたけど、視点を変え、そっか、玲子さんがいる7月末のポーランド行きなら取れるかも!

はたしてワルシャワ行きのチケットはあまりにもあっさり取れ。。いま私はワルシャワからクラクフに向かう列車に揺られています。

ワルシャワ行きのチケットが取れた瞬間、アウシュビッツだわとつぶやく自分。行きたいと思ったこと一度もないんだけどなあ 。。呼ばれたみたいです 笑。

今からクラクフで玲子さんと、日本山妙峰寺の池田上人様と合流(さっそく神がかりのタイミング✨)、南仏からはオイリュトミーを奉納されるりえさん、鍼のリカさんも参加され、祈りの旅は続きます。はてさてどんな旅になるのやら。

マリア様、ユダヤ、ホピ、なんだか不思議で面白いことが起きそうです♪
旅の記録、綴っていきますね。

Thank God for this opportunity ✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です